10月8日(月)は荒川区柔道大会に参加してきました。

今回は、中学生が怪我で出場出来ず、小学生3人(2年生、4年生、6年生)が参加しました。

入念にアップ、そして開会式。その後学年の小さい方から試合が始まります。
試合前に集中している(緊張している)顔は、どの子も引き締まっていて格好いいです。

初試合になるS君は、極度に緊張しているようです。最初は、誰でもそうなりますね・・・。

先生はどの子の試合もそばで見て、丁寧に声を掛けます。

先生に言われたことを何とか試合で出せるよう、どの子もがんばっていました!

試合に出ること自体、色々学ぶことがありますが、人の試合を観ることもまた勉強です。
この試合で初勝利したI君は、自分の試合後も積極的に人の試合を見ていました。彼もこれからどんどん強くなっていくはずです。

試合結果は、2年生が敢闘賞、4年生が初勝利、6年生が敢闘賞でした。怪我なく試合が終えられて何よりです。

自分で学んだこと、人から学んだことを糧に、また練習の日々です。この練習を多く積み重ねている子が、強い選手、勝てる選手になっていきます。

さあ、また一緒に頑張ろう!