いよいよ新年度が始まり、健武館では新たなメンバーと共に、頑張って稽古しています。
それぞれのペースで成長する年度にしよう!

さて、以前冬休みの宿題を最終日まで残していた子供の話を書いたのを覚えておいででしょうか?

冬休みの宿題 その1

「・・・で、どうしたの?」
というお問い合わせを頂きましたので(ありがとうございます!)春休みも終わろうかというこのタイミングですが(笑)、「その後」です。

新学期前日まで宿題をしていない子に向かって、
「宿題をやらずに済ませようなんて、甘い!」
と叱るか
「自分で出来るはずがないのだから、もっと親がちゃんと見てやらないと!」
と親が子供の学習管理に(さらに)注力するか。

子供への対応は悩ましいですね・・・。

息子の「冬休みの宿題をやらずに済ませようとした事件」は、やっつけ仕事とは言え、本人がやり切ったので、我が家では「よし」としました。

何とか帳尻を合わせてほっとしている本人に話したのは、
「宿題を『やらずに済ませる』はない!」
「宿題を休みの最終日まで残さない」
ということ。多少「しまったなあ」という顔もしていたので、少しは響いているといいですが。

親が子供の代わりに頑張らない。
本人に助けがいる時は手を貸してやる。

親はそんなゆるいスタンスで気楽に・・・

・・・出来たらいいなあ。