Jくん、毎日どのようにお過ごしですか?

そうそう、先日の打ち込みのところで、一枚いい写真を載せそびれてしまったので、今回はそれを。

これは打ち込みの最中に、下石先生があるペアに指導されているのを、中村先生から「全体で聞くように」と指示があり、練習生全員が下石先生に注目しているところです。

自ら聞く時は、耳だけでなく気持ちも体もそちらに向かうので、聞き方(聞こえ方)が違います。この時も、空気全体が下石先生の方に向かうような、そんな緊張感がありました。

分かりやすい指導、それを学ぼうとする姿勢、練習にはどちらも欠くことが出来ません。

あとは、「聞きました」「分かりました」という合図があったらバッチリです!Jくんも最初は返事の声が小さくて、よく「もっと大きい声で」って言われていましたね。

返事は「呼びかけに対して答える言葉」です。「呼びかけ」られているのだから大きな声で答えてほしいのです。

「聞いてたよ!」

「分かった!」

「よしっ、やってみるか!」

という君たちの気持ちを、大きな声(返事)という形で表してほしいのです。

その大きな声に押されるのは、呼びかけた方でもあり、自分自身でもあるはずです。

さあ、今日も大きな声を出して、元気よくやろう!

Jくん、続きはまた次回。